HOME > 国際特許出願

国際特許出願 PCT出願

国際特許出願

国際特許出願、PCT出願ともいうは、特許協力条約(PCT)に基づいて特許庁を受理官庁として日本語で行う出願であります。

特徴は、特許庁に受理された日が国際出願日として認定され、その国際出願日において国際出願の願書において指定された各国、指定国というになされた国内出願の効果が生ずることにあります。また、国際特許出願は、一定期間経過後に国際公開されます。日本を指定国とした国際特許出願の国際公開の効果は国内出願の出願公開と同等の効果を生じます。

各指定国において実際に権利を取得するには、各国に移行する移行手続および各指定国における手続が必要となりますが、その前に国際調査機関によりなされた国際調査報告を得ることができ、移行前に各国における権利の取得可能性を検討できるのが利点であります。
また、国際調査報告を参照しながら請求の範囲を補正することができます。この補正は、国際事務局に直接提出する必要があります。

国際出願の手続きの詳細を見る。
サイトからのお問い合せはこちら